防災プール

15,000リットルの安心

災害時の備えとして一般的に水の備蓄量は一人「3リットル×3日分=9リットル」と言われていますが、これはあくまで人間が生存するための飲料水として必要な水量です。しかし実際には飲料用の他に炊事や風呂、トイレなどにはかなりの水量が必要となります。たとえお風呂の水を利用したとしても、湯船200リットルの水でトイレ約20回分。4人家族では2〜3日で底をついてしまいます。
2.5m×5.0mプールの水量はなんと約15,000リットル。これは200リットルのお風呂75杯分に相当します。さらに電力が供給され、ろ過機が稼働し衛生面が
保たれた状態であれば、緊急時には浄水機器等があれば飲料用にも利用可能です。
※飲料への使用は浄水機器の機能の範囲において自己判断となります。

地震に強い構造

通常のプールは躯体に防水処理を施すため躯体と防水部分は一体化された構造で地震により漏水が生じやすくなっています。
デジョユプールは、躯体に強化シートを取り付け、水圧によって圧着する構造。つまりプールの水は大きな袋の中に入っている状態です。
このため地震により万一躯体にクラックなどが生じた場合でも水漏れを防ぐことが可能です。

熊本地震(2016年4月14日)の事例

熊本市内に施工したデジョユプール。
地震直後、プール躯体及びプール防水層に損傷はなく、防水用水として利用されました。近隣の方たちにも防水用水として水の供給を行うことが出来ました。
※電力の供給が途絶えてしまったので、藻が発生しましたが、トイレ水などに利用しました。

東日本大震災(2011年3月11日)の事例

学校プールが防災用水として利用された新聞掲載記事です。

世界No1選ばれる理由に戻る

全国の展示場ご案内
StaffBlog プライベートプールのある家
千葉テレビ「ビジネスフラッシュ」
ご予約受付中
掃除方法(動画)
ページ上部へ戻る